株についてアドバイスをもらう人たち

株の取り引きや購入の仕方やアドバイスなどをくれる方が身近にいるというかたは少ないと思います。株を始めるきっかけを当サイトから得ていただければいいなと思っています。

韓国の株は意外と簡単に注文できる!信用取引の規制

投資は何も、日本国内の商品だけが対象ではありません。外国の商品も、割と簡単に取引できます。身近な外国といえば、韓国がありますが、韓国の株式を日本にいながら取引できるサービスが存在しますので、興味があるなら利用してみましょう。
韓国の銘柄を売買するには、取り扱いのある証券会社を利用します。ネット証券大手のSBI証券でも、個人で取引ができる体制を整えています。この証券会社で取引する場合には、インターネットを通じて行います。窓口や電話では受け付けていませんので、注意しましょう。
取引可能な銘柄を一覧にしてくれていますので、その中から好みの銘柄を選びます。特定口座の他、NISA口座でも運用可能です。取引時間は韓国の取引所に合わせる形になります。しかし、日本とほとんど時差がありませんので、日本の取引の営業時間と同じように取り扱ってくれます。
取引手数料は税込みで0.972%ですが、最低手数料が決まっており、税込み9720韓国ウォン以上が必ず発生します。
口座開設料や管理料はかかりません。指値注文のみで、成行注文ができない点を十分に考慮しましょう。
株式投資には規制が存在しますが、この言葉がよく使われるのが、信用取引です。信用取引は株式会社から融資を受けて、株式投資ができる制度です。現物取引では買い注文からしかスタートできませんが、信用取引ならば売りからスタートできます。いわゆる空売りができる状態です。
しかし、空売りは株価に大きく影響をおよぼすことから、売り禁という規制が発生することがあります。売り禁規制が発生した銘柄に対して、一定期間中の空売りと信用買いの現引きができなくなります。規制に関して知識を持つことで、ワンランク上の投資が可能になります。